長距離ドライバー

荷物を運ぶ仕事をする上で必要になってくるのが車です。そしてドライバーも必要になるわけですが、ここでは長期ドライバーとして働く際に得ることができる経験、お給料やその他気を付けることなどを紹介します。長距離ドライバーの仕事をしようと思っている人は参考にして下さい。

長距離ドライバーとしての働き方

長距離ドライバーは、体力的な負担や拘束時間の長さなどから業界全体で人材が不足していますが、人付き合いが苦手な人や年齢を気にせずに働きたい人にとって人気の職種のひとつです。特に、様々な経歴を持つドラ…

詳細はこちら

長距離ドライバーのお給料

長距離ドライバーの給料は、年齢や勤務体系、勤続年数などによって差がありますが、様々な運送会社での経験豊富なドライバーは、経営状態が良い会社を勤務先に選ぶことで、定年まで安定収入を得ることができます…

詳細はこちら

ドライバーの求人でよくある応募条件

ドライバーの求人は、時間に正確なルート配送やバス運転手などが挙げられます。これらの仕事は、健康的且つ真面目な人を応募条件にしている事が多く、長期間無事故無違反であることも重要視されます。

長距離ドライバーで得られる仲間

長距離ドライバーだからこそ得られるもの

長距離ドライバーは他県への配送や荷降ろしなど重労働であることが多いです。トラックによっては社内に仮眠スペースが設けられているなどドライバーへの配慮もされています。求人情報はサイトなどで得ることができますが、働くことで仲間意識も芽生えます。例えば同じ職種のドライバーと仲良くなることがあります。働いている企業は違っても、目的地や途中のサービスエリア、休憩所などで仲良くなったり情報交換をすることもできます。中にはグルメ情報や交通情報など有益な情報もありえます。また、長年の経験があるドライバーからはどこへ行く時にはどこの道を抜ければよいのかや、近道などを教えてもらえるなど知識を付けることもできるでしょう。

お互いを支え合える仲間

長距離ドライバーは県をまたいで運転することも多く、殆どの場合は一人で運転しなければなりません。そうなると孤独感や不安感、更には眠気などにも悩まされる方もいます。そんな時にトラックドライバーは互いにコミュニケーションを取り合いながら運転をしています。ハンズフリーマイクなどを用いて連絡を取り合いどこが渋滞しているか、どこなら空いているかなどの情報交換だけでなくお互いに居眠り運転をしないための防止策にもなっています。こうした長距離ドライバー同士の心遣いや仲間意識によりお互いを支え合っています。長距離ドライバーはただ荷物を運んだりするのではなく、情報の共有やサポートし合う体制により成り立っているのです。

短距離ドライバー

それほど長い時間トラックを運転するのは難しいけど、車を運転するのが好きなので短距離ドライバーとして働きたいという人はいるでしょう。ここでは短期ドライバーの魅力に迫ります。短期ドライバーとして働きたい人は参考にしてもらえると幸いです。

短期ドライバーの収入

短期ドライバーとして得られるもの

短期ドライバーの仕事内容