短期ドライバーの仕事内容

繁忙期限定の配送業務

一口にドライバーと言っても様々な職種によって行う仕事内容はそれぞれ異なります。中でも短期で働きやすいと言われるのが配送業務です。これは文字通り荷物の配送を行う仕事です。
会社に出勤して指定された荷物をトラックに積み込んで一軒ずつ配るのが基本的な流れになります。配送業務自体は1年を通して行われますが、短期ドライバーは夏のお中元や年末年始など荷物が集中する期間がメインです。宅配業者や郵便局など勤務地や時間帯など、働き方の選択肢が幅広い点が特徴になります。一見、ただ荷物を運ぶだけの簡単な作業のようにも思われますが、決められた時間内に全て配り終えなくてはいけないので、配送ルートなど効率良く動かなくてはいけません。

レジャーシーズンだけの送迎ドライバー

配送ドライバーとならんで比較的人気があるのが送迎ドライバーです。配送が荷物を運ぶのに対して、送迎ドライバーは文字通り人を運ぶ仕事になります。とはいえ、一口に送迎といってもタクシーのような少人数から観光バスまで仕事の選択肢は豊富です。配送ドライバーのようにその都度ルートを考える手間もなく、予め決められた目的地に向かって走るのでそれほど難しくはありません。ただし、人を運ぶことを仕事にする場合には普通免許とは別に二種と呼ばれる免許を取得する必要があります。 短期の場合は主に多くの観光客が訪れるレジャーシーズンの観光スポットなどで求人が出されます。そのため、場所によっては泊まり込みで働くケースも珍しくありません。

さまざまな仕事が世の中にありますが、ドライバーの募集情報の探し方は、インターネットがとても便利です。