長距離ドライバーとしての働き方

年齢を気にせず働ける会社もたくさんある

長距離ドライバーは、体力的な負担や拘束時間の長さなどから業界全体で人材が不足していますが、人付き合いが苦手な人や年齢を気にせずに働きたい人にとって人気の職種のひとつです。特に、様々な経歴を持つドライバーを積極的に受け入れている運送会社においては、50代や60代のドライバーを正社員として採用しているところも多くあり、フルタイムでしっかりと稼ぐことも可能です。また、長距離ドライバーの働き方は、勤務先の事業方針や営業範囲などによって大きく異なりますが、会社によっては日勤や夜勤など自分の希望通りの働き方を選ぶこともできます。なお、長距離ドライバーは他のドライバーと比較して高収入を得られるものの、生活時間が不規則になりやすいため、日頃から体調面に気を遣うことが大切です。

契約社員として長距離ドライバーの仕事ができる会社も増えている

運送業界では人手不足の解消のために、正社員だけでなく数か月から一年ほどの契約社員の長距離ドライバーを採用している会社が増加しています。例えば、経営状態が良い会社の中には、定年した人や主にフリーターとして働いてきた人を迎え入れるため、一日の労働時間や拘束時間を見直したり、正社員と同様の手当を支給したりするところも少なくありません。そうした状況の中、契約社員の長距離ドライバーの仕事に関心がある場合には、自分の年齢やライフスタイルに合った働き方を選択できる会社を探してみると良いでしょう。その他、勤務態度や成績によっては、契約社員から正社員への登用を行っている会社もあるため、一つの会社で経験を積みたい人は、求職中に将来性のある会社を見極めることが大切です。

トラックでもタクシードライバーでもとにかく運転手の求人を探したいなら、その会社に直接行くのが良いでしょう。