短期ドライバーの収入

夜勤を中心にこなすことで高収入を得られることも

短期ドライバーの収入は、出勤日数や勤務時間帯、営業範囲などによって大きく異なりますが、平均的に二十万円から三十万円程度となっています。また、業績が良い運送会社で夜間を中心に短期ドライバーとして勤務することで、手当やボーナスなどを含めて四十万円以上の収入を得られるケースもあるため、スムーズに稼ぎたい場合には、評判が良い運送会社の採用面接を受けると良いでしょう。最近では、短期ドライバーを対象に勤務時間を自由に選択できるようにしている会社の数も増えており、自分の生活のスタイルや希望収入などに応じて、理想的な働き方を見つけることがおすすめです。なお、ドライバーが不足している事業所では、連続して夜勤を任されることもあるため、身体に負担が掛からないように日ごろから注意をして業務をこなすことが大切です。

日勤ドライバーは定年退職者や子育て中の人も好きな時間に稼げる

運送会社で短期ドライバーとして働くにあたり、仕事と家庭生活を上手く両立させたい人は、日勤が中心の勤務体系が採用されている会社を勤務先に選ぶと良いでしょう。例えば、地域限定の小型や中型のトラックのドライバーの求人は、長距離ドライバーと比べて収入が月に数万円から十万円ほど低くなるものの、定年退職者や子育て中の人も体力面で無理なく働けるものも多くあります。各地の短期ドライバーの人材確保に積極的な運送会社においては、基本給や手当の金額をアップするだけでなく、一日当たりの勤務時間を短くしたり、残業や夜勤を無くしたりしているところも少なくありません。そうした中、日勤がメインの短期ドライバーとして満足のいく収入を得たい場合には、早いうちから各地で実績がある運送会社の求人に応募をすることがおすすめです。

運送業の求人を探す時は仕事内容や勤務時間を比較し、安心して働けて経験を通してスキルアップをするように選ぶことがポイントです。